マーク

おかげさまで22年 安心の日本人スタッフ対応

商品番号:912

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

■3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

■料金:A$719〜A$0

■催行会社:AAT KINGS DARWIN

●ツアーについて

2泊3日でトップエンドの二大国立公園である世界遺産のカカドゥとリッチフィールドをめぐる満喫ツアーです。2日目にはアボリジニの土地アーネムランドにも行くことができ、内容が充実。宿泊ホテルは予算に合わせて3段階から選ぶことができます。このツアーはホテル宿泊ですのでで、キャンプが苦手な方でも安心です。

●ATSチェック

お買い得度: 評価
自然度(癒し度): 評価
ツアーでの運動量: 評価
ファミリー向き: 評価
カップル向き: 評価
個人旅行向き: 評価


●ツアー出発日・時間

4月1日 - 11月30日:毎日
12月1日 - 3月31日:月・木曜日
06:30AM(開始)18:00PM(終了)
(クリスマス及び年末年始ホリデー期間中は運行しない日もございます。お問い合わせ下さい。) 
ツアーコード:DK48

●ツアー料金に含まれるもの

送迎サービス(市内のみ)、経験のあるツアーガイド(英語のみ)、宿泊代、昼食3回、国立公園入場料

●お持ち頂くもの

ツアーバウチャー券、履き慣れたスポーツシューズ、帽子、サングラス、日焼け止め、タオル、洗面用具、冬期には暖かい服、カメラ、着替え、虫除け、水筒もしくはペットボトル

●ツアースケジュール

DAY1 ダーウィン→カカドゥ
ダーウィンを出発し、アーネムハイウェイに沿って走り、カカドゥ国立公園へ入ります。まず、ワラジャンアボリジニカルチャーセンターを訪問。その後、有名なイエローウォータービラボンクルーズに参加して広大な世界遺産の風景をお楽しみください。塩水に棲むクロコダイル(イリエワニ)やこのエリア固有のカラフルな鳥たちを目の当たりにできるでしょう。ランチの後、ノーランジロックと呼ばれるエリアにある太古の時代からの壁画を観察します。
宿泊はオーロラカカドゥになります。(昼食付き)
DAY2 カカドゥ→ダーウィン
午前中にカカドゥのもう一つの太古からの遺産であるウビルーに向かい、アボリジニが描き残した壁画を観察します。

4〜11月

その後、イーストアリゲーターリバーに行きます。そこではグルヤンビクルーズに参加し、クロコダイルを探します。クルーズの終了後にアボリジニのガイドによるアボリジニ達が昔から住むアーネムランドに訪れアボリジニ文化に触れます。(現地でのオプションで、小型飛行機でのシーニックフライトもお楽しみいただけます。)ダーウィンに戻る間に、ボワリビジターセンターへも立ち寄ることが出来ます。

12〜3月

その後、ボワリビジターセンターを訪れ、この土地に纏わるアボリジニ文化を学んで頂くことが出来ます。午後は、有名且つ大人気のジャンピングクロコダイルクルーズです。
宿泊はトラベロッジダーウィン・モーテル(2019年10月31日まで)/バイブホテル・ダーウィン・ウォーターフロント(2019年11月1日以降)になります。(昼食付き)
DAY3 リッチフィールド国立公園
第二次世界大戦の時に使った滑走路を越えてリッチフィールド国立公園に向かいます。国立公園に到着する前にフローレンスフォール(滝)やトルマーフォール(滝)に立ち寄ります。その後、ワンギフォール(滝)では泳ぐことができます。ダーウィンに戻る前に、ホワード・スプリング・ネイチャーパークへ立ち寄り、バラマンディやカメに餌付け出来る機会もあります。帰着予定時刻は18:00PMです。(昼食付き)
※上記の日程は天候や交通状況により予告なしに変更になることもございますので予めご了承下さい。
※イーストアリゲーターリバーやウビルーは、いつでもアクセス可能なわけではございません。予告無しに当日訪問出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。
※リッチフィールド国立公園:12〜3月は、水量水圧の関係で滝壺で泳いで頂くことが出来ない場合もございます。予めご了承下さい。

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

イエローウォータークルーズ

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

ノーランジー

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

ウビル

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

イーストアリゲーターリバー

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

フローレンスの滝

3日間 カカドゥ国立公園・リッチフィールド国立公園宿泊付きツアー

カカドゥクロコダイルホテル


■カカドゥ国立公園とは
カカドゥ国立公園は、ダーウィンの250km東に位置し世界遺産に指定されており、2万平方kmにも及ぶオーストラリア最大かつ貴重な公園です。1年中魅力にあふれており、11月から4月の雨季には乾いた景色がとどろく滝と熱帯のプールがある緑の湿地帯に変わります。ベストシーズンはやはり乾季である5月から10月下旬がベスト。また、険しい岩壁や壮観な渓谷、とどろく滝や湿地帯などそのユニークな景色はもちろんのこと、多種多様な植物(1600種類)や動物(290種類の鳥類)またアボリジニ文化の豊かさと言う点などとても魅力的です。この国立公園を高さ200メートルにもなる砂岩の山脈が走っており、ジムジムフォールズとツインフォールズの2つの滝が尾根から流れ落ちています。乾季の時はオフロードを経由してそこまで行き、雨季の場合は空からの景色が壮観です。また、イエロー・ウォーター、イーストアリゲーター川または、メリー川をボートで下るとそこに生息する植物や野生動物を目にすることが出来ます。


■リッチフィールド国立公園
ダーウィンの南129KMに位置します。ここは、1986年に国立公園に指定されるまで長い間あまり人々に知られていない場所でした。リッチフィールド国立公園といえば、青々生い茂る熱帯植物、険しい砂岩の断壁、そして多雨林です。又おもしろいアリ塚が特徴です。さらに、吸い込まれるほど済んでいる滝に天然のプール。中心都市ダーウィンに近接しているので、地元の人にも人気の観光地です。最もよく知らてれる滝は、ワンギ・トルマーとフローレンスです。また、バレイ・ロックホールは、水しぶきを浴びながら歩き回るのに最適な透明の水路です