西オーストラリア・パースのホテル・ツアー・口コミ・観光情報。パースinfo.jp
ホテル 現地ツアー ホテル口コミ ツアー口コミ 観光スポット 食べる ゴルフ 基礎知識 買い物 エステ ワイナリー 世界遺産

パースの市内交通(バス・電車・フェリー)

プリント [ プリント用ページこちら ]  

パースの市内交通(バス・電車・フェリー)

パースでは「トランスパース」と呼ばれるバス・電車・フェリーがパースシティを中心に円形の区間(ゾーン)分けられ、距離別運賃支払システムを採用しております。車社会とはいえども、学生の皆様には足となってくれる交通手段です。中には「Red Cat」「Blue Cat」「Yellow Cat」と呼ばれる無料バスや、カジノとシティを繋ぐ有料のトラムもあります。その他、日本と大きく違う部分がいくつかありますので、以下の乗車・降車の仕方をよく読んでおきましょう。また「トランスパース」では、乗車・乗船時に購入したチケット・刻印されたマルチライダーカード(下記詳細を参照)の時間から2時間は有効なので、その間にバスを乗り継いだり、電車・フェリーへ乗り換えたり出来ます。

■Suicaのようなカードシステム“SMART RIDER”
パースには定期券、回数券のシステムはありません。あるのは首都圏内のSUICAや大阪のIIKOCAと似たようなシステムです。TRANSPERTHの各交通機関の利用者は、各自の情報が入力されたコンピューターチップを埋め込んだ、クレジットカードほどの大きさのカードを読みとり機にかざしてから、乗車します。乗車時の情報で機械が自動的に料金を計算してくれるので、これまでのように、目的地が何ゾーン目かを確認する必要がなくなります。駅のインフォメーションセンター、ニュースエージェンシーで購入することができ、使用開始後は随時、ニュースエージェンシーやパース駅で同じカードへ追加の入金が可能。

■バスの乗り方
乗り方は日本と同じく前乗り前払い。スマートライダーカードがある場合は、カードを端末に触れてスキャンします。チケット購入の場合料金は行き先によって異なりますので、お金を支払うときに行き先を告げると、料金を教えてくれるのでドライバーに支払って下さい。料金を支払ったら、ゾーン・値段・日付・時間が記入されたチケットを受け取って下さい。上記にもある他のトランスパースの利用や、キセルチェックがありますので無くさないように持っていて下さい。 また、ホームステイ近くのバス停から市内に向かってくるバスは必ず止まってくれるとは限りません。(バス停で待っていても)乗りたいときには早めに手を挙げてドライバーに合図をして下さい。ボーッとしているとバスは行ってしまいますよ。 その他、サーフボードの持込は基本的には不可ですが、週末や祝日・スクールホリデーにはウエストコースト沿いを走る持ち込み可能バスもあります。

■バスの降り方
日本と同じく降りる前にブザーを押すと次のバス停で止まってくれます。わかりにくいのが、日本と違いこちらのバスは停留所案内もなければ、それぞれのバス停に名前がついているわけではないので、ブザーを押す際は周りの風景、道の名前などを目印にするしかありません。またブザーも各席についているわけではないので、バスに乗車した際に、ブザーの場所を確認しておきましょう。 日が落ちてからだと、慣れない土地では、目印を見落としがち。前もって運転手さんに頼んでおくのも一案ですよ。バス停が無くても、通り沿いだと、送ってくれる親切な運転手さんもいます。乗車時の”HELLO” 、降車時の”THANK YOU”も大事。降りるときにスマートライダーカードを端末にスキャンするのを忘れないように。

■電車の乗り方
こちらも日本と同様、まずは駅にてチケットの購入をします。券売機で目的地のゾーンを確認してからチケットを買い電車を待ちます。駅には改札がない駅ありますが大きい駅によっては日本の駅と同じように改札口があります。スマートライダーカードがある場合は、カードを端末に触れてスキャンします。電車が来たら乗降口に向かい降りる人を待ちます。日本と同じようですが、降りる人が居ない場合には、扉は開かないので扉の脇にあるボタンを押して自分で開けなければならないことを覚えておいてください。路線や時間帯によってはExpressという快速電車があり、通過してしまう駅もあるので乗車の際には確認をしましょう。また、電車には自転車・サーフボードの持ち込みも可能ですが、朝夕の混雑時はなるべく避けたほうがいいでしょう。

■電車の降り方
電車は日本と同様次の駅名の案内がありますが、目的地に近づいたら降りる準備をしておきましょう。上記の乗り方にもあるように扉はボタン式のため通常は降車する人が押して降ります。ボーっとしていると、慌てて降りようと走っても、扉は閉まっていて降りられずに電車が走り出してしまうなどということも。。スマートライダーカードがある場合は、カードを端末に触れてスキャンします。改札口がある場合は自動的にスキャンをすると思いますが、改札口がない場合は端末にスキャンをするのを忘れることがあるので注意が必要です。

■フェリーの乗り方
パースのバラックスクエアとサウスパースを結ぶフェリーは動物園に行く手段として人気ですパース側はBARRACKST.の川沿いにジェッティ(乗り降り場)があります。船乗り場の手前にTRANSPERTHの窓口があるのでここでチケットを購入するか、フェリー入り口でスマートライダーカードを端末にスキャンして乗船します。すでに電車やバスでチケットを購入している場合は、運転手さんに提示するだけで大丈夫。小銭を持っている場合は、運転手さんに支払ってもオーケーです。スマートライダーカードの方はスキャンしてから下船するのを忘れずに。対岸のサウスパースはMENDS ST.にジェッティがあります。ここにはチケット売り場はありませんので、運転手さんに料金を支払います。季節や天候によってはブラックスワンやイルカが見られることもあります。土日、祝日は運休となりますので御注意ください。夕日や夜景を見に行く場合、必ず戻りのフェリーの時刻を確認して下さい。終フェリー、かなり早いですよ。

■フェリーの降り方
対岸に着くと全員が降りますので基本的に乗り過ごすなどの間違いは無いでしょう。また目的地も決まっているのでボタンを押して降りる必要はありません。






オーストラリア政府公認旅行業 ライセンスNoTAG1501(QLD)
日本旅行業協会在外賛助会員 メンバーNo42523
オーストラリアン・ビジネス・ナンバー(ABN)34-080-087-421

Copyright 1997 - 2017 Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.